http://r6qe8m.sa.yona.la/65 | r6qe8m | sa.yona.la help | tags | register | sign in

http://r6qe8m.sa.yona.la/65

reply


ミサイルを発射したら打ち落とすと豪語していたのにまったく動かさなかった重装備。連絡体制が原因で打つタイミングを逃したのか、それとも発射の状況把握して安全と踏んで打たなかったのか、はじめから威嚇目的のブラフで打つ予定は無かったのか。色々考えられますが、何故日本は遊撃しなかったのか、できなかったのかが問われていない現状は不思議です。MDは日本の安全を守るために使うはずでした。ということは今回使わなかったのは日本の安全が確信できたため、もしくは使えなかったという事になります。発射後の切り離された部分の捜索が困難であった事や、上空を通過した県の安全確認などに注力していた現状を見ると、安全が確信できたから遊撃しなかったわけではなく突然飛んできた飛翔体に対応できなかっただけと思わざるを得ません。論理の飛躍ですが、日本の安全を考えたがために、今遊撃して更なる非難と反感を北朝鮮から買うのを恐れてMDを使わなかったとも考えられますが言い訳にも聞こえなくもありません。

posted by r6qe8m | reply (1) | trackback (0)

Trackback URL:

Re: http://r6qe8m.sa.yona.la/65

http://r6qe8m.sa.yona.la/67

reply

いろいろコメントありがとうございます。

破壊措置命令の前提の「落ちてきたら」というところをすっとばして自分は理解していました。

日本へ落ちてきていないし、届かないものを打ち落とせないという単純な問題でした。

posted by r6qe8m | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.